1968年版『妖怪人間ベム』は、人知を超える能力を持ったベム、ベラ、ベロの3人の妖怪人間が、罪なき人々を狙う恐ろしい妖怪や悪霊、悪人たちに立ち向かう姿を描いた、記念すべきシリーズ第1作だ。善行を重ねることで人間になれると信じ、危険を顧みず異形へと変身して悪と戦う妖怪人間たち。だが、戦いで見せる彼らの異形と強力な力は人間たちから忌み嫌われ、流浪の旅を繰り返さねばならない悲しき運命を背負っている。「はやく人間になりたい」と願う彼らに安息の時は訪れるのか……?


TWITTER
Facebook